スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円高とバブル景気

  • 2008/10/30(木) 01:26:29

1986年12月から1991年2月までの4年3か月
(51ヶ月)間を日本のバブル景気と呼ばれる。



いざなぎ景気1965年11月~1970年7月の
4年9ヶ月(57ヶ月)に次ぐ景気で意外と短い期間。



ドル高で貿易収支が赤字幅が拡大していくアメリカ
がG5諸国と協調介入していくことを決定した
1985年のプラザ合意により、日本の円は240円
前後だったのが、1年くらいで約120円になる感じ
で急激な円高となり【金余り日本】となったことが
原因だとされている。



三菱地所がアメリカのロックフェラーセンタービルを
2,000億円で買い、ソニーがコロンビア映画を買収し
アメリカの心をお金で買ったとの非難があったりした。
お金が円高で投資が安く感じられたのだが、バブル
崩壊時には売却している。
さまざまな絵画など外国への投資なども盛んになる
のが円高が影響しているかと考えられる。




バブル景気の真っ只中の1987年10月19日月曜日
アメリカのニューヨーク市場でのダウ株価が1日で
22,6%も下落した。よく営業日に日本でも日経平均
株価が3,836円48銭の円安(14,90%)の下落
21,910円08銭となり過去最大下落幅を記録した。
日本では株価が下落字水準にまで翌1988年4月
に戻り、その後株価は1989年12月29日に、
至上最高値である38、915円89銭を更新したが、
イラクのクエート進行、原油高、湾岸戦争など
1990年10月1日公定歩合引き上げ時には日経
平均が一時20,000円割れとなるなど約9ヶ月で
ピークの半値水準まで下落している。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ちょwハッスルしすぎww

女って本気で逝く寸前、おマ○コぶるぶる震えんのな!ww
汁が顔面直撃してビビったわ!!まぁ報酬プラス1万してくれたから別にいいけどwww
http://hevry.net/m_wo/oht5jil

  • 投稿者: ど田舎男
  • 2008/12/02(火) 05:47:00
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。