スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月14日 火曜日

  • 2008/10/15(水) 15:01:06

8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループ



9月29日にデイトレのつもりで買った
@682,000 → @650,000 で売り



損きりしないと、今日の値幅制限ストップ高が
¥652,000だったので、2ティック前に売り切り



俺的には、アメリカでの金融政策法案が下院議会で
可決見込みだという中で翌日には反対売買する気持ち
で下げ渋るとこを買ったのだけど、9月30日という決算
レースで上げるつもりが、下院議会否決で、
アメリカが大きく下げたので、寄り付きが608,000
くらいまで一気に落ちたので、売るわけにもいかず、
なんだか方向感失ったのかもしれない。




アメリカが3%下がると、日本は2倍の6%くらい下がるのですが、湾岸戦争時アメリカ10%下落に対し日本は5%で逆転していた事があたまをよぎりました。


777ドル暴落時の株価が前回アメリカが反転する際の悲鳴ゾーン帯であった、セリングクライマックスのような気がした。


戦後最大の下げ幅という割りに、リーマンショックの破綻時よりも寄り付き時の窓明けが小さく感じてしまいました。


最近は下げるとブッシュ大統領が緊急テレビ演説して一旦下げ止まる感じがしますので、「今夜またブッシュ大統領演説すれば30日よりも、翌営業日の1日のほうが株価が上に上がるだろう・・・」


開けた窓を埋める感じで上がっていったんだけど、出かけてしまい売りそびれ・・・


結局振り返ってみたときに、最初の日に窓開けて下がった寄り付きから上がっていき過程で一旦売り切るか?と思ったりした価格帯で処分するのと同じ格好になっていた。


10月8日水曜日 セリングクライマックスポイントかと終値で判断できたが、翌日9日木曜日に寄り付きが不安定なまま終値で上がったけど、結局アメリカも大きく下降したせいで、SQの金曜日にまた寄り付きから下がってしまい、「月曜日祭日なので火曜日で勝負か!」と予想したが、寄り付かずにストップ高していくみずほ銀行などを見てしまうと、不安定でなかなかストップ高にならない三井住友はなんとストップ高しても値幅制限が652,000円で止まる18%が上限であった・・・仕方ないね損切りは@

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。